ブログ引越しでDNSが切り替わらない!原因はttlキャッシュとか関係なくエックスサーバーの設定!?

DNSとはなんなのか。

Domain Name Systemの略である。
このブログのドメイン名は「taokasu.com」とかいう僕のツイッターアカウントをそのまま書いてるだけの自己顕示欲の塊みたいなドメイン名だが、裏でIPも持っている。
先日エックスサーバからCONOHA WINGにサーバを引っ越したんですけど、サーバが変わるということはIPも変わるんですよ。

エックスサーバーが222.22.2.2とかだったら、CONOHAは111.1.1.1とか全然違うIPになるわけですね。

なのでDNSでIPとドメインを紐づけてやる必要があるわけです。

こんな感じ。わからない?じゃあジョジョで例えるか。
7部のラスボス、ファニー・ヴァレンタイン大統領がDioを別次元から連れてくるときに、ザワールドとスケアリーモンスター二人いた場合に、DNSサーバー(D4C)がザワールドを返してくれる感じや。

こんな感じや!余計分かりづらい?あ。そう。

サーバ引っ越し後に72時間経過してもネームサーバが変わらない

今回のサーバ引っ越しは移行代行業者を頼んでまして、こんなメールが来ました。

移行作業開始時にネームサーバーを切り替えておりますので、
作業開始より2,3日程度はサーバーの参照先が不安定な状態とな
サイトへアクセスするたびに旧サーバーか新サーバー(ConoHa WING)の
どちらかに繋がる状態でアクセスが分散いたします。WordPressへログインする際も同様ですので、記事の作成、修正作業などは
2,3日程度お控え頂くようお願いいたします。
※旧サーバーにログインした場合、更新作業を行っても新サーバーには反映されませんのでご注意ください。
※更新を行う場合は再度hostsの設定を行った上で更新することを推奨しております。

2,3日は移行元のエックスサーバーに繋がるか、移行先のCONOHAに繋がるかわからない状態らしい。
3日ということは72時間である。
しょうがねえから72時間待ったんですよ。

そしたら延々とエックスサーバーに繋がる…なんでやねん。
このままではエックスサーバーを解約出来ずに2つのサーバの代金を払う羽目になってしまう。
なんとかしなければ…

DNSの浸透時間問題というかttlのキャッシュ問題とは

72時間とかいうのはなんで72時間なのかしらないが、世界中でDNSサーバがCONOHAのIPを返すまでに浸透するのがそのくらいと言いたいらしい。
でも、これは間違っている。

正確にはttl(Time to Live)が問題なのだ。タイムトゥライブとか言われとスタンド名っぽいがスタンド攻撃ではない。
サーバが以前の状態を保持して負荷を下げるのをキャッシュという。
このキャッシュ時間をttlと言い、各々のサーバで設定されているらしい。
普通はttl=3600(1時間)くらいらしいんだけど、エックスサーバーは噂によると86400(丸一日)持ってるとかなんとか。

丸一日?もう4日経ってるんだけど?
じゃあttlのせいじゃないのでは?
つまり待っても解決しない。

現にサブドメインのほうは移行先のコノハサーバーを見てる。
メインサーバだけエックスサーバーを見に行ってしまってる。
野郎…面白いことになってきたぜ…!

DNSサーバからIP変更が反映されなかった原因はttlのキャッシュ問題じゃなかった。

やはりttlが原因じゃなかった。
エックスサーバーの設定でアホなことをしていたでござる。

このDNSレコード設定ってところに、サブドメインだけ設定してたんですよね。
サブドメインはエックスサーバーを見てね!って書いてた。
それに気づいた僕は、CONOHAにサーバ移行したよDNS浸透待ちしてね!ってメールが来てすぐ、IPだけCONOHAに書き換えた。

そしたら、サブドメインだけDNSが反映されて、メインはずっと放置されたのである。
なので、このDNSレコード設定にメインの設定を書いてみた。

そしたら5分でDNSサーバがCONOHAを返すようになったぜ。

要するに以下の流れである。

  1. 移行代行業者から移行終わったメールが来た
  2. エックスサーバーのDNSレコード設定のIP変わってないやんけ!変えたろ!!
  3. サブドメインしか設定されてなかったので、多分DNSサーバがサブドメインだけCONOHA見るようにした
  4. サブドメインは1日でネームサーバ変更を反映したが、メインは4日経っても変わらない。
  5. DNSレコード設定をサブドメインを消してメインドメインにする
  6. 5分でメインのネームサーバ変更が反映される。

そもそもエックスサーバーのDNSレコード設定をなんでしたのか。
これさえなければ何もしないでも勝手に終わったのに!

この機能は上級者向けの機能です
エックスサーバーで独自ドメインを利用する上で、本機能の利用は通常は必要ありません。
本機能を使用することで、特定のサブドメインをエックスサーバー以外に切り替えることなどが可能ですが、誤った設定をするとドメインが正常に利用できなくなる可能性がありますので、ご注意ください。

わざわざこんな注意事項まで書いてあるのに頭おかしいのである。
多分あんまりこんなことするやつはいないのでないパターンだと思いますが備忘録で残しておきます。

関連記事

エックスサーバーからコノハウィングにサーバ移行した理由ワードプレスにしてから早2年が経過しました。ワードプレスだとサーバーを有料で払わなければならないわけですが…僕は月々払うのめんどくさいので一括で1年契約で払っているのです。[…]