さようならチャイルドシート!黄金の心!ディアターンプラスABを購入から処分するまでの軌跡!

チャイルドシート!アップリカのディアターンプラスABをレビュー評価!

ついに息子がチャイルドシートを卒業しジュニアシートに移行する時が来た…。
3年ちょいお世話になったチャイルドシートについて何一つ触れずにアリヴェデルチ(さよならだ)するのは気が引けるのでレビューしとこうと思います。

普通おすすめ情報とかだと、おすすめ10選!とか書く気がしますが、僕は自分が買ったものしか書く気がしない。
どうせ10選!とか言ったってネット情報しか書かないし、そんなもんアマゾンレビューやら価格COMでも見てたほうがマシなのである。
下手したら5chやらツイッター眺めてたほうがマシ。
そんなもんはなんの参考にもならないクソブログなのだ。

なので今回はウチで使用したチャイルドシート、ディアターンプラスのレビューをするぞ。

チャイルドシートは乗らない!泣く!カオス!とかいう前情報

チャイルドシートに乗ると泣くとか、手に負えないとか、かなり不穏な前情報を手に入れていたので、購入には色々調べました。
マイカーはスイフト・スポーツなのですが、1世代前の車種なので、現行と違ってレカロシートじゃない。
現行だとレカロがオプションでつけられるらしい。ずるい。
もうせめてチャイルドシートくらいは本当はレカロにしたかったのですが、育児クソ雑魚初心者の僕はアップリカに逃げることにしました。

ということで買ったのはアップリカのディアターンプラスとかいうヤツです。

乗りたがらないとか大泣きするとかいう前情報でしたが、チャイルドシートで泣いたことは多分ないです。
0歳のときは夜になると暗くて泣きわめいてることはありましたが、乗りたがらないとかは今まで一度もない。
これは彼が車は嫌いじゃないだけなのか、性格なのか、チャイルドシートの性能なのかはわからないですが、少なくとも子供に苦になるチャイルドシートではないのでしょう。

ディアターンプラスABとは

実はディアターンプラスとかいうチャイルドシートは4種類ある。

ディアターン プラス ISOFIX AB
ディアターン プラス ISOFIX
ディアターン プラス プレミアム
ディアターン プラス AB

上から順に値段も高くなっている。インスタとかでマウントを取るなら一番上が望ましい。
ISOFIXとかいうのは、普通シートベルトで固定する昭和な方法でなく「シートベルトを使わず、チャイルドシートとクルマの固定金具を連結するだけのカンタンでガッチリ固定できる」というのが売りの方法。
なんか知らんがグラグラしないらしい。

安全性を重視しまくるならISOFIXにしたほうがいい。
だが、ウチが買ったのはこの中で一番安い「ディアターン プラス AB」である。
ABの意味は知らんがとにかく一番安い。

安全性を重視しろボケがという意見もあるかもしれないけど、はっきり言って十分重視されてる。
重視されすぎてて乗せるの毎回めんどくさい。
そもそもグラグラするっていうけど、本体は重いし、新生児の頃は嫁が横に座ってるしで別に特に何も問題なかった。
確かに載せてないときは思いっきり揺らせばグラグラしたけど、別に…って感じだった。

なので個人的には「ディアターン プラス AB」で十分だとは思いますね。
安いって言ってもどこのメーカーかもよくわからん中華ブランドとか買うくらいならこれを買ったほうがいい。

ディアターンプラスABのメリット!新生児の頃は回転するフラット状態が最高

新生児形態、ちょっと大きくなった0歳形態、大きくなった形態がある。
新生児のときは横向きにすることで、横にいる嫁も常時顔が見れるので安心の形態である。
フルフラットなので息子の体勢も寝た形になるのでスヤスヤだった。

ちょっと大きくなると逆向きに回転させる。
はっきり言ってこの形態は嫁に不評だったのでウチは横向き形態が長期にわたり、この形態は3回くらいしか使ってない。
まったく記憶にない。刹那で忘れちゃった。

そして、一番長い前向き形態である。
0歳後半から3歳ちょいの今までずっとこの形態だった。

ただ、新生児のときは電車もバスも使いたくないだろう。
俺は使いたくない。
なので、期間は短かったけどこの横向きにできる機能はかなりよかったメリットでした。

ディアターンプラスABのデメリット!成長に合わせたサイズ調整がめんどくさい

まじで調整めんどくさい。
いや、大きくなるとすげえ窮屈そうになるんですよ。
ベルトを調整する必要が出てくるんですけど、これがマジでめんどくさい。
人によっては簡単かもしれないが、便利なものが溢れてる世の中でこのめんどくささはヤバイ。
「お。この唐揚げうまいやんけ」と言ったら「それ惣菜だよ。惣菜だからうまいよね~」とか言ってくる嫁くらいめんどくさい。

まあ、一回ちゃんと設定したら、3ヶ月はなにもしなくていいからそんな深くは考えなくていいかもしれないですが…。
調整しすぎて窮屈だったのがブカブカになったり何度かやり直す羽目になるんですよね。
そのたびにチャイルドシート回転させて設定して…めんどくせええええ!!
これが最大のデメリットでしたね。

ディアターンプラスABはスイフトスポーツみたいな後部座席狭いコンパクトカーでも大丈夫

うちの車はスイフトスポーツなんですけど、後部座席狭いことに定評がある。
うちの嫁は後部座席に座るたびに「狭い」「酔った」「前の作りかけの車(ダイハツネイキッド)のほうがまだ広かった」「台車のほうが広い。こっちにしよう」「ベンツのあの四角い車(Gクラス)がいい」などの暖かい言葉をかけてくる始末である。

しかし、そんなうちのどうしようもない後部座席でもちゃんと設置できる。
スイフトスポーツで設置できるなら多分大体の車で設置できるだろう。
なんせうちの車は3つ折りじゃないとベビーカーも乗せれない始末だった。

ただ、やはりアップリカ。それなりに幅を取ってしまう。
これには嫁ちゃんも、「超狭い」「まじで酔った」「前の作りかけの車(ダイハツネイキッド)は超広かった」「台車の軽のほうが広い。こっちにしよう」「ハマーくらい広い車がいい」などとさらに心温まる言葉をかけてくれるのだった。

ちなみに色は赤黒なのでスイフトの座席には合ってるのでとてもいいですね。

アップリカのディアターンプラスは3歳だとさすがに狭いしきつい

2歳前半くらいからだろうか。
僕は後ろに息子を載せてその辺をドライブしたり、微妙な位置にある公園に乗せていく事が増えた。
そんなとき、違和感に気づいた。

前述したようにスイスポの後部座席は狭い。
そのため息子も運転席に余裕で足が届いてしまう。
なんかよくわからないが、うちの息子は信号とか渋滞で車が停止すると0歳から怒る。
0歳の頃はギャーギャー言ってしまいにはブチギレて泣き出す始末だったが、さすがに2歳ともなるとそんなことはなくなった。

しかし、ヤクザキックで抗議してくる。
ドッカドッカ蹴ってくる。一人でドッカンバトルしてくる。
「いや、信号赤だからね!」と教えてあげると「赤…」と悲しそうな顔をしつつ理解を示す。
しかし、別の信号機にひっかかるとまたドッカンバトル再開である。

僕はこの停止するとブチ切れる息子を見て、ろくでなしBLUESの葛西がサンシャイン水族館で止まらないマグロを見ながら「止まれねえんだよ…」と言ってた姿を思い出す。
このままでは池袋を支配する東京ヤンキー四天王最強の男に育ってしまうのではないかと危惧される…。

まあ大きくなってきて、後部座席が狭いと蹴ってくる可能性がある。
そして、ろくブルの葛西に成長するかもしれない可能性がある。
そこだけは注意すべきなのである。

チャイルドシートの捨て方を検討しよう

そんなチャイルドシートだが、別れの時はやってくる。
東京から長野への旅行の長距離でも全然もんだいがなかったディアターンプラス…。
台風で床上浸水したときも俺たちを助けてくれたディアターンプラス…。
車検のときになぜかディーラーがツイッターのフォロワーで、台車に乗せる時フォロワーと共同作業させてくれたディアターンプラス…。

だが、これがディアターンプラスの最終日の息子。


もう狭いんだよね。
ジュニアシートにするときがきたのだ。

そこで問題が発生した。
捨て方どうしよう。

こんな邪魔くせーもん家に置いておきたくない。
後部座席だけじゃなくて家も狭いのだ。
ジュニアシートと入れ替えで処分したい。
そこで処分方法を検討した。

チャイルドシートをメルカリで売りたいが送料が気になる

メルカリとかラクマとかヤフオクとか昨今は便利なものがあるじゃあないか。
だが、でかいものは送料が気になる。
普通に2000円…下手したら5000円くらいかかりそう。

その上、チャイルドシートの野郎…。
あまり高く売れない。
買うなら安く済むが売ると大した利益にならない。
下手したら3000えんくらいの利益である。

たかが3000円のためにこんな重いもんを梱包して売れるまで狭い家に置いておけと?
否!断る!
じゃあ捨てるしか無いか…。

チャイルドシートをジモティーで売る

梱包がめんどくさいなら取りに来てもらうというのも手じゃないだろうか。
ジモティーなら近所に誰か居たら引き取ってくれるかもしれない。
でも、あのアプリ無料で引き取ってもらうみたいのじゃなきゃ誰も引き取らなそう。

それまで狭い家にこんなもん置いときたくない。
却下!

チャイルドシートはもう粗大ごみで捨てるのが一番マシ

やはり粗大ゴミか。いつごみ集積場所に持っていく?私も同行する。

400円で出せるじゃないか。
いいじゃないか400円くらい。
ついでに完全に邪魔になったバンボもだそう。

そう思って、粗大ごみ処理場に直でもって言ったのですが…。

おっさん「いや、持ち込みならゴミシールいらないよ!」
僕「ファ!?」

なんかコンビニで粗大ごみに貼るシール買ったのですが、持ち込みなら無料なんですって!
無駄に400円払った!
バンボも合わせたら800円無駄になった!!

このブログを見た人は処分する時、車で持ち込んでタダで処分しましょう!くそ!!

ディアターンプラスABを3年使用したまとめ!

というわけでチャイルドシートのレビューでした。
3年しか使わないとはいえ、車を持ってる人にとっては最重要ですからね。
成長に合わせて調整するのが大変ですが、そこ以外は非常におすすめです。
ディアターンプラス!

ジュニアシートは待望のレカロにしたので別途これはこれでレビューします。